D.S. だけどマリオはいませんよ

こんばんは、のんぎぃーです。

昨日のトピックはどうでしたか?

ちょっとややこしくなってきてますけど
まだまだそんなに難しくないですよね?

複雑怪奇な進行も1つ1つバラして、
約束事にそって読んでいけば
きちんと理解できますからね♪

そうすれば今までこんがらがって見えていた
暗号のような楽譜の進行も
きちんとそこに流れが見えるようになります。

さぁ、今日もその為の1歩を積み重ねていきましょう♪

今日のトピックはこれです!

D.S.

あ、そこの人~、
タッチペンなんて手にしないで下さいね~。

画面が2つ付いてたりなんてしないですからね~。

脳トレとかそんな事もしないですからね~。

もちろん、マリオもピーチ姫も出てきませんよ~。

え? 超絶美形魔法使い?

誰ですかそれは?

そんな人呼んだ覚えはありませんよ。

第一、あの人、もう人間じゃないですもんね。
ところで、原作は今どこまでいってるんでしょうね?

この前、BookOffに行った時に
チェックしておけば良かったかな?

はい♪ それではそろそろ先に進みましょう♪

D.S.

これは「ダル・セーニョ」(Dal Segno)と読みます。

誰ですか? 「だっせ~よ!」なんて言ったのは?
そんな事「D.S.」さんに失礼ですからね。

炎の魔法で燃やされちゃっても知りませんよ。

さて、このダル・セーニョですが
見た目ダ・カーポにとても似ていますね。

D.S.

ds

D.C.

dc

ね?

実は見た目だけじゃなくって
その働きも似ているんです。

D.C.」 は曲の頭に戻る記号でしたよね。

D.S.」 は指定された所に戻る記号なんです。

どこに戻るかの指定はこの記号でします。

dalsegno

この記号は「セーニョ」と呼ばれていて
五線譜の上に表記されます。

セーニョ」に戻るから「ダル・セーニョ」なんですね。

ちなみに「Dal Segno」はイタリア語です。
segnoは英語のsign、つまりという意味です。
dalが英語のfrom theにあたります。

つまり「from the sign」、
目印から演奏します」っていう意味なんですね。

このセーニョ記号なんですけど...。

Segnoの頭文字のS
※(コメ印)のように見やすくデザインしたものだそうです。

そんな訳で、「D.S.」の進行はこうなります。

dalsegno-anime

さらにオマケですが...
「Da Capo」のcapoは英語のheadを意味します。
つまり「from head」、
曲の頭から演奏します」という意味なんですね。

そういえば、コーヒーのカプチーノ(cappuccio)って
カトリックの宗派の一つが着用するフードの付いた修道服から名付けられたって聞きますけど、
もしかしたら、このcapoって言葉が関係しているのでしょうかね?

真偽はわかりませんが、頭にミルクの泡が乗ったカプチーノ。

頭に戻るのはダ・カーポ。

こう関連付けたら、なんとなく覚えやすいと思いません?

D.S.」に「D.C.」....難しそうに聞こえますけど、

イタリア語にしたら、そのまんまじゃん!!!

横文字の省略記号だからカッコ良く見えますけどね、
こんなの日本語にしたら

こんなもんですよ。

atamamodori

komemodori

D.C.」は「振り出しに戻る」で
D.S.」は「チェックポイントに戻る」みたいなものですね。

まるっきり、人生ゲームや双六と一緒ですね♪

なぁ~んだ、そんなもんか...って、ひょうし抜けしますね。

英語やイタリア語がごっちゃになってるから
もの凄く複雑に見えますけど....
全部日本語になっちゃえば、そんなものなのかもしれませんね。

ほら、小節が人生ゲームのマスに見えてきませんか?

音楽だから、楽譜だからって構えちゃうから
なかなか頭に入って来ないんですね。

そんなものは身近なものに例えて覚えていっちゃいましょう♪

ハイ♪ 今日からはみなさん、これですよ♪

「曲の進行は人生ゲームみたいなもんじゃん♪」

さぁ、これで五線譜がさらに親しみやすいものになりましたね♪

この勢いで次もさくさくっと攻略しちゃいましょうね♪

それでは、次のトピックでお会いしましょう~♪

今日の一言

  「だるせーにょ 響きが似てるよ セニョリータ
    古女房は うるせ~にょ」

     by なんだかんだ言って愛妻家の寛治さん62歳

スポンサーリンク
h2上 アドセンス
h2上 アドセンス

フォローする

スポンサーリンク
h2上 アドセンス