Fine 彼女は気まぐれな小悪魔

カラァァ~~ン.... 「マスター、今日も来ちまったよ...。」 そこは路地裏にひっそりと構える秘密のバー。 「また、女の子を泣かせてきたのかい?」 「ふ...そんなつもりは無いんだが...」 「いつものかい?」 「あぁ...

...

Scroll to top