音符の長さを覚えましょう

新シリーズ突入です!

みなさん、こんばんは~♪
なんちゃって山男の、のんぎぃーです。

反復記号シリーズの山はどうでしたか?
登りがいありましたか?

みなさん、無事に下山できたみたいですね♪

それでは、今日から新しいシリーズの始まりです!

1つの終わりは、次の季節の始まりです。
また、張り切っていきましょう。

新しいシリーズは「音符と休符の長さ」です。

これは音の高さを読むのと同じように、
音楽を演奏する上でとても大切な事です。

これが読めるようになると、
楽譜からリズムを感じられるようになります。

現代音楽の3要素は
メロディ
ハーモニー
リズム
です。

そのリズムに欠かせない要素ですから
しっかりと頭にインプットして下さいね。

それでは、いってみましょう♪

まずは、この音符からいってみたいと思います。

quarternote

この音符、良く目にしますよね。

なんて名前か知ってますか?

この音符は「四分音符」(しぶおんぷ)と言います。

よんふんおんぷ」ではありませんよ。

ウルトラマンより1分長いとか
そんな事考えていると
僕みたいになっちゃいますから、気をつけてくださいね。

音符の長さが4分とかあったら、
ほとんどの曲が音符1個とか2個で終わっちゃいますからね。

なぜこの名前がついているかと言いますと....

1小節を4等分した長さの音符だからなんです。
英語で言ってもQuaeter Note(クォーター・ノート)で
同じ意味になります。(quarter=1/4)

一般的に多くの曲は、この音符が4つでちょうど1小節の長さになります。

以前に、弦の音の並びを覚えるトピックの中で
メトロノームをカウントする時に
ワン・ツー・スリー・フォーって数えてもらいましたよね。

覚えてますか?
忘れちゃった人は、ちょっとこっちで思い出して下さいね。

ー>「3弦の音列は、こんなです」

ところで、今もこのエクササイズを続けている人っていますか?
毎日5分とか、ちょこっとでも良いんですけど、
特にギターを始めて間もない人、
ギターを構えた時にまだ違和感がある人は
これをやっておくと良いと思いますよ。

上級者になっても、結局やってる事は同じですから♪

狙ったタイミングで音を出して、
狙ったタイミングで音を切る。

これ、覚えておいてくださいね。

さて、話を戻しましょう。

メトロノームでカウントした
ワン・ツー・スリー・フォーが
この四分音符にあたります。

譜面にするとこんな感じです。

4byousi

ちなみに、ト音記号の隣にある4/4は分数ではありません。

だから約分もしません。

約分して2/2になっちゃうと違う意味になっちゃうんです。

ましてや1になんてしちゃったら、
ワケ分からん状態になっちゃいますからね。

数字好きな人は、約分したくなっても我慢して下さいね。

これは拍子記号(ひょうしきごう)と呼ばれています。

下の数字が、その曲の基本になる音符の種類
上の数字が、1小節中の音符の数を表しています。

この場合は四分音符が4つで1小節という意味です。

この時の基本の音符の長さ1つ分をはく)と言います。
四分音符が4つで、ワン・ツー・スリー・フォー。
このそれぞれのカウントが拍ですね。

1拍(ぱく)2拍(はく)
3拍(はく)4拍(はく)

拍が4つなので4/4は、4拍子(よんびょうし)となります。

ちなみに3拍子(さんびょうし=ワルツ)は3/4と表記されます。

3拍で1小節という意味ですね。

3byoushi

1小節を4等分した長さの音符が四分音符なら
ワルツは3等分だから三分音符って言うんじゃないのかな?

って思いたくなりますけど、そうはならないんですね~。

ちなみに、ワルツ(waltz)って
ゆっくりとした三拍子ってイメージがありますけど、
音楽で言うところのワルツは
ただ単に3拍子という意味です。

速くても遅くても、三拍子ならワルツです。

あ、そこのあなた、青い石のネックレスを手に持って
「バルス」なんて言っちゃぁダメですよ。

ラピュタがバラバラになって、
飛空石が空の彼方に飛んでいっちゃいますからね。

さて、今日はここまでにしたいと思います。

またこのシリーズも、しばらく続きますからね。
ゆっくりと気長にいきましょう。

それでは、また次回のトピックでお会いしましょう~♪



フォローする