音符の向きはどう決める?

今週のLAはもわぁ~っと暑いです。
ギターを練習していても汗ダラダラです。

クーラーをつければ良いんでしょうけどね、
カミさんが気に入っているバジルの鉢植えが
気温の変化にストレスを受けちゃうんじゃないかと...。

...って言うのは建前で♪

実はクーラーが苦手なんです。

クーラー病で何も出来なくなっちゃうと辛いですからね。

夏は暑いもんだ!
って言い聞かせて、人間の適応力に委ねてます。

スポンサーリンク
h2上 アドセンス

音符の向き

それでは、今日も張り切っていってみましょう♪

今日のトピックは「音符の向き」です。

音符って上向いたり、下向いたりと
向きがコロコロ変わりますよね。

あれって、どうやって決まっているのか
気になった事ありません?

あれ、実はちゃんと決まり事があるんです。

楽譜を見てもらえると分かると思うんですけど、
低い音は音符が下向き
高い音は音符が上向きになってるんです。

uemukisitamuki1

そう言われてみれば、そうだなぁ~って思いませんでした?

意外とそんな程度にしか気にしていないもんですよね。

読む人にとってはそんなものなんですね。

でも、楽譜を書く人にとっては
きちんと知っておくべきポイントではないでしょうか。

みなさんの中には、オリジナルの曲を書く人もいると思います。
これからオリジナルの曲作りをしていく人もいると思います。

自分の曲を楽譜に残す事は、とても大事な事です。

今は便利なソフトがあるので、
データを入力すれば自動で楽譜が出来上がりますけど、
自分で知っておく事に越した事はありません。

コンピューターが壊れたら?
停電したら?
メロディーを思いついた時に、紙と鉛筆しかなかったら?
軽くアレンジしたものを、その場で渡す必要があったとしたら?

やっぱり、自分の手で書けるというのは強みですよ♪

でも、このポイントを知らないまま書いた楽譜を
上級者さんに渡したりしちゃうと
相手を困らせることになっちゃいますからね。

この機会にきちんと覚えておきましょう。

さて、この音符の向きですが答えは単純です。

真ん中で分かれてるんです。

つまり....

第3線より下なら音符は下向き、
第3線より上なら音符は上向き

という事ですね。

なぁ~んだ、そんな事か♪
そんなの勿体ぶらなくても良いじゃないの?

そう思いました?

それじゃぁ、問題です。

第3線上の音符はどうなるんでしょう?

ほら、意外と盲点だと思いませんか?

結構、普段目にしているのに
知らない事って多いもんですよね。

人間って視界に入っていても、
その全てを知っている訳ではないんですね。

目に見えていても、見えていない事って多いんですよ。

それを素直に認められる人は成長していけます♪

知らなかった事に気づいたときが、知るチャンスです。

早速、その謎を解き明かしましちゃいましょう♪

その答えは!!!!!

どっちでも良いんです♪ (^^

あれ? なんか肩が落ちてませんか?
口が半開きになってますけど、大丈夫ですか?

まぁまぁ、まだ続きがあるんでズッコケないで下さいね。

さて、このどっちでも良いはずの音符の向きなのですが
実際には、こう使われるという傾向があります。

第3線上の音符は上向きに書かれる事が多いです。
uemukisitamuki2

音符が連なっている時は、
上向きと下向きの音符の割合で決まります。

uemukisitamuki3

割合が同じ時は音の流れで決めます。
上昇しているときは上向き、
下降しているときは下向きになります。
uemukisitamuki4

他の音符と見た目を揃えて見やすくする事もあります。
uemukisitamuki5

などなど、こんな感じで使い分けられる事が多いです。

他にも、小節内でパートが複数に分かれていたり

uemukisitamuki6

クラシックギターのように
低音部と高音部が分かれている演奏では

uemukisitamuki7

第3線に関係なく、それぞれに音符の向きを分けて
パートの違いを見やすく表記します。

たかが音符の向きですが、
されど音符の向きですね。

この1つ1つの工夫が
楽譜を読みやすく理解しやすいものにしています。

楽譜は人に音楽を伝える為に発達したものだという事が
こういうところからも伺えますね。

数百年前に生まれた曲を現在でも聴く事が出来るのは、
このような1つ1つの工夫の積み重ねがあってこそのものなんですね。

僕らも音楽の歴史に関わっているのですから、
自分達の曲はきちんと楽譜にして残していきたいですね。

コンピューターのデータなんて
使われるプログラムが変わったら終わりですから♪

10年後もそのプログラムが、そのバージョンが
使われている保証なんて何も無いんです。

紙とペン....アナログかもしれませんが
とっても強力だと思いませんか?

それでは、今日はこの辺で♪

また次のトピックでお会いしましょう~♪

スポンサーリンク
h2上 アドセンス
h2上 アドセンス

フォローする