BPMって何の事?

9月ですね~、秋ですね~♪

みなさん、こんばんは~♪
1年で秋が一番大好きな
梅雨生まれの、のんぎぃーです。

あじさいとカタツムリが友達です。

愛と勇気が友達のアンパンマンに比べて
なんてジメジメとしてるんでしょうねぇ。

でも、あじさいとカタツムリって可愛くないですか?

こっち(LA)は、雨なんて冬ぐらいしか降らないですからね。
雪の代わりに雨なんですよ。
冬に入道雲ですからね。

場所が変わると色々と違うもんですよね。

余談ですけど、アンパンマンの歌って
原作者の、やなせたかしさんが
特攻隊で22歳の若さで亡くなった弟さんを想って
書かれた歌詞だったようですね。

みなさん、知ってました?

僕もつい最近知りました。

歌に込められた深い愛情を感じますね。

前回のトピック2拍3連譜ですけど、
結構難しいリズムですから気長に取り組んでみて下さいね。

でも、毎日5分でもいいのでコツコツとやっていれば
1ヶ月後には普通に出来るようになりますからね♪

試しに続けてやってみて下さい。

1日5分の効果の大きさに驚くと思いますよ~♪

さてさて、今まで何気なくBPMって使ってたんですけど....

まだトピックで取り上げていなかったみたいですね。 (^^;

すっかり解説したつもりでいたんですけど、
気になって過去のトピックを調べてみたら
まだだったんですね.....。 ( ̄_ ̄ i)

いやぁ~、すみませんでした。(;^_^A

スポンサーリンク
h2上 アドセンス

BPM

そんな訳で、今日のトピックは「BPM」です。

テンポを表すのによく使われるBPMですが、
これってどんな意味なんでしょう?

BPMっていうのは「Beat per Minute」の略です。
1分あたりのビートの数を表しています。

BPM=100とか
BPM:100みたいな感じで書かれている事も多いですけど、

本来なら基本になる音譜の長さを表記します。

bpm
こんな感じですね

ここで言うBeatは4分音符を指します。

1分間に何回4分音符が演奏されるテンポかという事なんですね。

往々にして、BPMは4分音符で考えられる事が多いので
BPM=120とかBPM:120と簡単に書かれる事が多いです。

BPM=120なら1分間に4分音符が120回演奏されるテンポです。

ちなみにこれ、1分間は60秒ですから
BPM=120の時の4分音符の長さは0.5秒になります。

4分音符2つで1秒ですね。

BPM=60なら1拍が1秒です。

これでメトロノームが無くても
時計があればBPM=120と
BPM=60は分かりますね♪

1分間あたりのビートの数が増えれば
その分テンポも速くなるので
数字が大きくなればテンポが速くなりますし、
数字が小さくなればテンポが遅くなります。

どうです?
これでBPMの謎が解けましたか?

カラクリが分かったら、もう怖いものなしです。
今日から堂々とBPMって言葉を使っちゃって下さい。

肩たたきはBPM=120でとか、

服についたホコリをパタパタとはらったら
今のはBPM=100だったなとか、

キャベツの千切りをしたら
これはBPM=110の8ビートね♪
....とか、

貧乏揺すりをしたら
BPM=90の3連譜だったなとか

日常の色んな場面で使えると思います♪
ぜひぜひ、BPMを日常の色んな場面で
役立ててみて下さい。

....って、全然役に立たないですね。 (_ _。)

さてさて、夏休みが終わりましたけど、
トピックの区切りがまだついていないので
あと数回お付き合い下さいね。

そんな訳で、音譜の長さシリーズも
もうじき終わりです。

夏の余韻に浸りながら、
過ぎ去る季節を味わっていきましょう。

ではでは、また次のトピックでお会いしましょう~♪

スポンサーリンク
h2上 アドセンス
h2上 アドセンス

フォローする