メロディックマイナースケールのミニマムセット

末っ子メロディックマイナースケールの登場で全員そろったマイナースケール3兄弟。
一度に全員覚えようとするとなかなか大変ですけど、一人一人覚えていくとそれぞれのスケールに親しみが持てたり、それぞれのスケールの特徴が把握しやすくなったりすると思うのですがいかがでしょうか?

それぞれに音の並びが少しずつ違うマイナースケール3兄弟ですが、音の並びをきちんと覚えておくと今後扱うことになる各スケールから発展するコードを覚えるのにとても役立ちますし、さらに発展していくと作曲やアレンジをする際にコード進行をかなり自由に使えるようになります。

スケールを一つ覚えるごとに自分自身の可能性が広がっていくのだと思って、今日もコツコツと音の並びを覚えていきましょう。

メロディックマイナースケールは上昇型を覚えればオッケー

メロディックマイナースケールは上昇型と下降型で音の並びが違いますが、下降型はナチュラルマイナースケールを流用しているのでそちらは新しく覚える必要はありません。

ナチュラルマイナースケールとの比較だと覚えにくいようでしたら、メジャースケールの3度がフラットしたものだと考えると簡単に覚えられるので、そちらも試してみてください。

それでは、メロディックマイナースケールの上昇型をそれぞれのセットで見ていきましょう。

【人中セット6弦スタート】

(メジャースケールとの比較)

 

【人中セット5弦スタート】

(メジャースケールとの比較)

 

【人中セット4弦スタート】

(メジャースケールとの比較)

 

【人中セット3弦スタート】

(メジャースケールとの比較)

 

次は中小セットです。

【中小セット6弦スタート】

(メジャースケールとの比較)

 

【中小セット5弦スタート】

(メジャースケールとの比較)

 

【中小セット4弦スタート】

(メジャースケールとの比較)

 

【中小セット3弦スタート】

(メジャースケールとの比較)

 

最後は小人セットです。

【小人セット6弦スタート】

(メジャースケールとの比較)

 

【小人セット5弦スタート】

(メジャースケールとの比較)

 

【小人セット4弦スタート】

(メジャースケールとの比較)

お疲れ様でした!

いやぁ~、メジャースケールとの比較もすると指板の図が倍に増えるんで、見ていて疲れますね。

一度に覚えようなんてせずに、使えそうなポジションを一つづつ指になじませていくような感じでやっていければいいのではないでしょうか。

でも、ハーモニックマイナースケールよりは比較的覚えやすいのではないかと思います。

それでは、今日のトピックはここまでにしたいと思います。

 

余談なんですけど、実は5月の半ばに10日間ほど実家に里帰りしてまして、ひさしぶりに故郷の初夏を堪能してきました。

いやぁ~、日本の緑は鮮やかで綺麗ですね!

とても心洗われる気持ちで故郷で過ごす日々を味わいました。

いくつか写真も撮ってきたので、それに短いBGMを即席で作って最近始めたばかりのInstagramに1分動画としてアップしてみました。

1分だと何枚も写真を使うと忙しなくなりそうだったので、場面ごとに作っていこうかと思っています。

Youtubeにもアップしてみたので、よかったら見てやってくださいね。

それでは、また次のトピックでお会いしましょう。

応援クリックをポチッとお願いします。
↓↓↓

Facebook
facebook/RiocatoTAB

Instagram
instagram/riocatoworks

Website
riocato.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Scroll to top