混合拍子 7拍子編

みなさん、こんばんは~♪

過去と現在を行ったり来たりしている
タイムトラベラーの、のんぎぃーです。

未来には行けないのが、
ちょっと悩みどころです。(。>0<。)

未来はいつもイメージの中。
無数にある可能性の中から
望む未来を手元に引き寄せられるように
毎日コツコツ頑張るしかないんですね~。

未来へは各駅停車でのんびりと景色を楽しみながら
焦らずにピクニック気分で行く事にします♪ :*:・( ̄∀ ̄)・:*:



7拍子

さぁ、今日のトピックへ行ってみましょう♪

前回は5拍子のお話でしたよね。

そんな訳で、今日のトピックは「7拍子」です♪

5拍子は2拍子と3拍子の組み合わせでしたよね。

それじゃぁ7拍子はって思いますよね?

これが調べてみると5拍子と違って
かなり手強い相手だという事が判明しました!

ちょっと書いてみますよ。

◎「2と2と3」
◎「2と3と2」
◎「3と2と2」
◎「3と4」
◎「4と3」
◎「7そのもの」

はぁ~、なんですかこれはぁ?

...って、言いたくなっちゃいますね。

2と2と3」は「4と3」、
3と2と2」は「3と4」にまとめても
ポピュラー音楽ではそんなに差し支えないと思うんですけど
2と3と2」って、これは手強そうですね。

これはメロディーやアクセントの入れ方で
こうなってくるんでしょうけど、
まさに「混合拍子ここにアリ!」って感じですね。

アクセントを書いてみると、
こんな感じになります。

「2と2と3」あるいは「4と3」
7拍子(4と3)

「3と2と2」あるいは「3と4」

7拍子(3と4)

このあたりが7拍子では主なパターンになるようです。

もちろん、アクセントは曲想によって変わりますから
楽曲を良く聴く事が一番大切だと思います。

5拍子のトピックでお話ししたように
拍子の分割を厳密に表記したい時は

7拍子分割(4と3)

7拍子分割(3と4)

このように書く事もあるようです。

何の事だか分からない人は
こちらのトピックを読んでみて下さいね。

ー>「混合拍子 5拍子編

ところで、Stingは変拍子が好きみたいで
いろんな拍子の曲を書いているようです。

例えば、「St Augustine in Hell」って曲があるんですけど、これは7拍子ですね。
4と3の組み合わせだと思います。

Jeff Beckの「Space Boogie」も4と3の組み合わせだと思うんですけど、
高速シャッフルなので、
ここまでくると「ワケ分からぁ~ん!」な世界ですね。

やっぱりジェフ・ベックは宇宙人です。

はぁ~、こういう人達って
普通のリズムに飽きちゃってるんですかね?

でも、普通のリズムを弾いても
変拍子を弾いてもバッチリなんですよねぇ。

本当にリズム感とタイム感が良いんでしょうね。

それにしても、5拍子や7拍子の曲って
なんとなく宇宙っぽい気がするのは僕だけでしょうか?

どこかリズムが解決せずに進行していくのが
果てしない宇宙空間に放り出されたような
そんな感じになるんでしょうか?

さてさて、混合拍子はこの他にも
11拍子や13拍子なんてものもあるんですけど、
もうイイですよね♪

基本的な考え方は5拍子と7拍子が分かれば
充分だと思います。

あんまり変な世界にばっかり行っても
どうかと思いますし、
次のトピックでは曲中に含まれる変拍子をお話しして
変拍子シリーズは終わりにしたいと思います。

タイムトラベルの次は宇宙旅行と
なかなかSFチックなトピックでしたね。

それでは、また次のトピックでお会いしましょう~♪



フォローする