スティーブ・ジョブズさんとMacと僕

こんばんは、のんぎぃーです。

すっかりご無沙汰しちゃってますね。

あまり人目につかない小さな小さなブログの「TAB譜にさよなら!」ですが、
時々、読者になって下さる方がいらっしゃったり、
コメント欄にコメントを下さる方がいらっしゃったりと
暖かいお言葉を頂く事があります。

本当にありがたいなぁと思います。

と、同時に.....

その度に、「あぁ、きちんと記事をお届けしたいなぁ~。」と思ってます。

昼間の仕事の他に、個人で細々とやっているグラフィック関連のお手伝い、
更には年末に予定されているライブの為のアレンジに練習にと
なかなかブログに時間が作れないままなんですけど、
時々はみなさんのお役に立てるような情報(とB級なネタ)をお届けしたいと
LAのフリーウェイで通勤渋滞の中、
オレンジから紫に変わりゆく広い空に浮かぶ雲を眺めては思っています。

でも、やっぱりね、時々はね、
こうして書かせてもらえたらな....と。

今日、Appleのスティーブ・ジョブズ氏が亡くなりましたね。

仕事中にバンドメンバーから送られたテキストメッセージで知ったんですけど、
その後、しばらくの間仕事が手につきませんでした。

色んな想いが巡って、ある事に気がつきました。

今までずっと、何か良く分からないけど
なんか良いよねって感じていた事が少し分かった気がしました。

今日は、そんな僕の独り言にお付き合い下さいませ。

僕は、Macユーザーです。
なんかね、やっぱりMacが好きなんですよね。

色んな理由が挙げられますけど、そんな事は些細な事で
結局は「なんか好きなんだよね」っていう
なんとも説明できない生理的な感覚が一番大きいんです。

Mac好きな人に限らず、きっと誰でも何かしらそういう事ってありますよね。

今日、胸に残る寂しさとともに、その理由が分かったんです。

アメリカに来たばかりのころ僕は本当に何も持っていなくて、
日本でもコンピューターを持っていなかった僕は
いつかコンピューターを使って音楽を作る事を夢見ていました。

知人がPowerBookG3を使って映像編集の仕事をしているのを見た時、
いつか自分もMacで作品を作れるようになりたいと思いました。

iMacに新しいカラーが増えたり、
PowerMacG4が出たり、
iMacG4の斬新なデザインに驚いたり、
PowerMacG5のスタイリッシュなデザインに時代の変化を見たり、
iMacG5に未来を感じたり....

モデルチェンジのたびに変わるMacを羨望の眼差しで見ていました。

いつかMacを手に入れたいな♪

PowerBookG3を最初に見たときから何年も経って
念願の初MacになるMacBookを手に入れた時、
夢を手にした気がしました。

それからはMacを触るだけで楽しい毎日でした。

今もMacは使っていて楽しいです。

Macを手に入れてからもOSが変わるたびに
機能やデザインで時代が変わっていく事を感じていました。

バンドメンバーはみんなiPhoneを持っているんですけど、
長い事、いいなぁ~なんて思ってましたねぇ。

実は、まだスマートフォンというものを持っていないんですけど、
新iPhoneが出る事ですし、そろそろ手に入れようと思っています。

また、新しいMacな毎日が始まるのかな。

今さらですけどね。 (^^

そう、Macは毎日を何かワクワクさせてくれるものなんですね。

それはスティーブ・ジョブズ氏が未来を見せてくれるような
そんな感覚だったのかもしれません。

ジョブズ氏が新モデルを発表するたびに見せてくれた未来への扉.....

それは、ただのテクノロジーの結晶とは違う気がしていました。

それは、ただの新商品の発表の場ではないように思っていました。

彼が毎年見せてくれていたのは彼の夢だったんだと思うんです。

僕がMacに惹かれていた理由がその時分かりました。

Macはジョブズ氏の夢だったんですね。

僕達は、彼の夢を一緒に体験していたんだって思いました。

僕にとってMacがただのコンピューターでは無い理由....
何だか良く分からないけど、Macが好きな理由....

それは...Macは夢の結晶だから。

Macはジョブズ氏の夢であるとともに
僕が追いかけてきた夢でもあったんですね。

僕は毎日Macに触れるたびにジョブズ氏の夢に触れ、
叶えてきた過去の自分の夢に
そしてこれから見る夢に触れていたんですね。

僕みたいな人が世界には数えきれないほどいると思います。

世界中に夢を見せていたスティーブ・ジョブズ氏。
世界が一緒に見ていた彼の夢。

僕達は夢を共有していのかもしれません。
彼の夢で繋がりあっていたのかもしれません。

1人の天才の死....。

彼の夢の続きを、もう僕達は見る事は出来ませんね。
1つの季節が終わったような気がしています。
とても寂しいですけど、今度は僕達が新しい夢を作っていけたら良いなと思います。

夢を持てない人も多いかもしれません。

でも、やっぱり夢を持つ事は素敵な事だと思います。

そして夢は叶えられるものだという希望を持つ事が大切だと思います。

夢が少しずつ叶っていく実感のある毎日って本当に幸せな事だと思います。

え? 想像できませんか?

じゃぁ、毎日少しずつギターが上達していく実感がある毎日を送れるとしたら
どう思いますか?

そして....夢を見るだけじゃなくて、
誰かに夢を見させてあげられるようになれるとしたら
もっともっと素敵だとは思いませんか?

あなたがあなたの夢を追いかける毎日を送っていく事で
誰かに夢を与えられるかもしれないとしたら
こんなに素敵な事って無いんじゃないかなって思うんです。

何も大きな事ばかりが夢だとは限りません。

毎日、足るを知り、つつがなく毎日が送れる事もとても幸せな事で
夢のような事だとも思うんです。

大切な人と笑顔で送れる毎日も夢のような毎日だと思います。

幸せでいる事って、それだけで夢が叶っているんじゃないかなって思えませんか?

幸せが何だか分からないって思っちゃう方は、
不幸でないって事がどれだけ幸せな事か想像してみてください。

当たり前の事が当たり前でいてくれることが
どれだけ幸せな事か想いを巡らせてみて下さい。

どうです?

あなたの大切な人が元気でいてくれるだけで幸せな事だって思えませんか?

僕達は遅かれ早かれ、この世から旅立っていきます。

今日目の前にいる大切な人が明日突然いなくなってしまう事だってありうるんです。

一緒にいられるのが当たり前だなんて思っていたりしませんか?

そう思っているのは、あなたが勝手にそう決めつけているだけなんじゃないですか?

明日の事なんて僕らには分かりません。

ジョブズ氏も数時間前までは今の人でした。

でも、ある瞬間から過去の人になってしまいました。

その境はほんの一瞬です。

でも、今こうやって僕達は生きています。

今こうやって僕達が言葉を交わしあう事ができるっていうだけで、
もうそれ自体が奇跡みたいな事なんだって思えませんか?

当たり前のことが当たり前だと感じられる...
それだけで本当に恵まれているんだなって思えませんか?

こう考えると、何気ない毎日もとても愛おしくて
輝きと感動に満ちた瞬間で満たされているんだなって
のんきな僕は思ってしまいます。

もしかしたら僕達はみんなの夢が折り重なった毎日を
みんなの夢で織り上げられた毎日を生きているのかもしれませんね。
(しかも、その中のほんのわずかな目の前の事だけを現実だと決めつけてね)

あなたはどんな毎日を送りたいですか?

あなたはどんな夢を生きたいですか?

もしかしたら、それが人生なのかもしれませんね。

あなたが見る夢はきっとどこかで誰かの夢に繋がっていると思います。

そうやって僕達は繋がりあっているのだと思います。

みんなで夢を叶えていけたら素敵ですよね。

自分の夢だけが叶えば良いって考え方じゃ寂しいですよね。

みんな繋がりあっているんですから、
どうせならみんなでお互いの夢を叶えあえたら素敵だなって思いませんか?

ジョブズ氏だって大勢の仲間がいたからこそ
世界を動かす夢をみんなと一緒に見る事ができたんだと思うんです。

今度は僕達もそれぞれの場所からやってみませんか?

いつか、どこかでみなさんの夢と繋がりあえたら楽しそうですよね♪

あ、またちょっとのつもりがこんなに書いてしまいました。

はぁ~、今日のプランが進められなくなっちゃいました。
また明日かなぁ~。

さてさて、僕の夢の1シーンとして年末のライブに向けて頑張っていきますよ~。

LAからみなさんに僕の夢がお届けできたらいいなぁ~なんて思ってます。

そして誰かに楽しんでもらえたら、なんて素敵なんだろう♪
そんな、のんきな事を思う毎日なのでした。

スティーブ・ジョブズさん、
今まで沢山の夢を見させてくれてどうもありがとう♪

そして、お疲れさまでした♪

スポンサーリンク
h2上 アドセンス
h2上 アドセンス

フォローする

スポンサーリンク
h2上 アドセンス